ある劇場の舞台。

ステージ上には、絵画が飾られた簡素な壁、椅子などのチープな演劇のセットがある。

がらんとした客席の前方には、ソフト帽をかぶった観客が1人だけ座っている。

舞台上に5人の探偵が登場する。

そう、彼ら5人は、それぞれ調査を依頼された、互いに面識のない探偵たち。

1人だけ座っていたソフト帽の観客は、死体だった。​

舞台下には、怯えた様子の劇場支配人。今日、劇場に来たら、すでにこの死体が座っていたというのだ。

そして、舞台セットの絵画の裏に仕込まれたスピーカーから話しかける声は「マイスターQ」と名乗った。

客席の死体は、国際的なIT産業の創業者で若き富豪の八代誠一。

「マイスターQ」は「被害者・八代誠一の親友」で

「特殊な事情で素性は明かせないが八代を殺害した犯人を突き止めたい」と5人の探偵に捜査を依頼した経緯を語る。

各探偵にはすでに100万ドル(1億2千万円)の着手金が支払い済みだった。

犯人を特定できれば成功報酬として、さらに200万ドルが支払われるというが、条件は48時間以内の事件解決。

警察機関には極秘で進めること、事件に関しては一切口外しないことであった。

 

初めは牽制しあっていた5人の探偵だが、やがてプライドを賭けて犯人の割り出しに共闘するようになる。

だが、マイスターQからのこの依頼には、想像を絶するワナが仕掛けられていた...!

果たして5人の探偵=D5は、いかに犯人を突き止め、危機を乗り切るのか!